運送会社を開業するには、法人と個人事業主のどちらが良い?

軽貨物運送・配達・東京のはこび屋本店 > 軽貨物運送業の開業・独立支援 > 運送会社を開業するには、法人と個人事業主のどちらが良い?
配送サービス
引越サービス
軽貨物ドライバー求人
独立・開業支援
事業概要
お問い合わせ

運送会社を開業するには、法人と個人事業主のどちらが良い?

軽貨物での独立開業で運送業を開業したいと考えたとき、個人で開業するのか、あるいは法人化して開業したほうがいいのかと、悩む方もいると思います。

個人事業と法人のどちらで開業するか決めるには、それぞれのメリット・デメリットなど、特徴を理解してから判断することが大切です。

また、ご自分が置かれた状況によっても、その判断基準は変わり、他の人にメリットとなることが、自分にも当てはまるとは限りません。

そこで、今回はその判断材料となるべく、それぞれのメリットとデメリットをご紹介したいと思います。

当社なら、初期費用 全くナシでも始める事が可能です!

大手宅配会社の案件をご紹介します!安定収入が可能な配送業です。軽貨物運送で独立を目指す人へ。当社は、0円開業で応援します。
募集等、お問合せは03-5441-7713 受付時間9:00〜21:00(土/日/祝 休)
 
法人として運送会社を開業するメリットとデメリット
法人として運送会社を開業するメリット

法人として運送会社を開業するメリットとしては、まず社会的信用度が増えることで、銀行などの金融機関からの融資を受けやすいという事が挙げられます。

そして、仕事を得る場合にも、個人事業主の場合よりも荷主からの信頼を得やすく、有利な条件の仕事を受注できる可能性が多くなります。さらに、利益が出れば、個人事業主よりも多くの節税対策を行えるなどのメリットも小さくありません。

また、貨物軽自動車運送事業の場合には、一人で運営するよりも業務の効率化を図れることで、多くの依頼主からの仕事をこなすことが出来るので、好不況による仕事量や依頼主の変動に対処できて、安定した収入を得ることが出来ます。

法人として運送会社を開業するデメリット

デメリットとしては、法人を設立するための費用が必要とされる事が挙げられます。また、会社を設立し、開業するまでに必要な手続きが多いのも頭を悩ますことになるでしょう。

例を挙げると、法人化に必要な定款の作成、会社の登記、税務署や都道府県・市町村、労働基準監督署、ハローワーク、年金事務所に書類を提出など、その他にも運行管理を行う運行管理者を置かなくてはならないなど、諸々の書類仕事が待ち受けています。

また、法人化することにより、個人事業主の場合と比較して、会計処理が複雑化し、なおかつより制度の高さが求められる為、税理士へ依頼することになり、これも費用がかかることになります。

個人事業主として開業するメリットとデメリット

ここで個人事業主として開業するメリットとデメリットもご紹介しておきましょう。ざっくり言うとメリット、デメリットともに法人化の場合の真逆となります。

個人事業主として開業するメリット

まず、個人事業主として開業するメリットとしては、上記でご紹介した法人を設立するために必要な開業資金など、数々の費用ががかからない、ということにが挙げられます。そして、貨物軽自動車運送事業なら、さらに次のようなのメリットがあります。

それは、事業用の車両である軽自動車(バンやトラック)が1台あれば許可申請も簡単なので、運送業の実務経験がなくてもすぐにでも始められるという事です。

必要なのは他に普通免許があって、車庫が確保できれば良いのです。 さらに、一人でも働けるということは、会社勤めと異なり、出勤日や休日に縛られないため、自分の思うように仕事を受けて、そのために決断するのも自分だけですから、あらゆる決定が早く、いい仕事を受けるチャンスも逃しません。

個人事業主として開業するデメリット

個人事業主として開業するデメリットもあります。法人より規模が小さいことで社会的信用を得にくく、銀行からの融資が受けにくいということになります。また、節税対策を取りづらいということもあります。

さらに、運送業許可を取得して開業した場合には、将来的に法人化したいと考えた時など、個人事業主から法人化する際に、手続きが多く、運送業許可の譲渡や譲受認可、法令試験の再受験なども生じます。 つまり、法人化して事業を行う可能性があるなら、最初から法人で始めるほうが手続きに関しては簡単と言えるでしょう。

また、貨物軽自動車運送事業の場合には、自己負担する費用が多いことや、ガソリン代や車のメンテナンス費用がすべて自己負担となり、健康保険を始めとする保険料や、年金などはは自分で加入する必要があるということです。

個人事業主を選ぶポイントと一人で運送業を始める方法
車1台で運送業を始めたいなら個人事業主

一般貨物自動車運送事業などで運送業許可を申請して開業する場合、初めから法人を設立したほうがメリットは多いのです。 個人事業主として開業する場合も、従業員や多額の資金が必要ですし、貨物軽自動車運送事業でドライバーが2名以上いるのであれば、法人設立を検討するのが良いでしょう。

では、どういった場合に個人事業主が良いのかというと、車1台で運送業を始めるのであれば、貨物軽自動車運送事業を選択すれば、個人事業主が取り組みやすいのです。

一人で運送業を始める方法

当分一人でしか仕事をする気はないし、将来的にも人を雇うことはないと思い、一人で運送業を始めたい人には、自己資金も少なくて済む、貨物軽自動車運送事業がおすすめです。

貨物軽自動車運送事業を始めるまでの流れとしては、1.運輸支局に届け出を行う2.事業用自動車等連絡書を軽自動車検査協会に提出3.営業ナンバーを取得するというステップとなり、これだけで個人事業者として、貨物軽自動車運送事業を始めることが可能となります。

他の業種で個人事業者として起業するよりはずっと簡単で、時間もかかりません。店舗も営業所も商品を保管する倉庫も、仕入れのための資金も用意しなくて済みます。

また、資格も普通免許さえあれば良く、年齢も経験も学歴さえも関係ありません。車と駐車場が準備できれば始めることが可能なのです。そして、荷物を輸送することで、その仕事に見合った金額を受け取ることが出来ます。

自分にはどちらが合うのかを見極めることが大切

最初に申し上げた通り、個人で起業するか、法人で起業するかは、自分の置かれた状況と考えで自由に選ぶことが出来ます。つまり、自分にはどちらが合うのかを見極めることが大切なのです。

個人の方がデメリットが多いよ、一方、法人化のデメリットは実は手続きや準備が面倒であるという事で、実はデメリットとは言えないものなのです。 したがって、将来的に法人化を検討されるのであれば、最初から法人化した方がその時点での手間が省けるので、有利であるといえます。

しかし、どのような収入が得られるのか、はたして自分に可能なのか、向いているのかなど不安要素もあるので、とりあえず個人事業主として始めて様子を見たいという考えもあります。 実際に法人化された方も、個人事業主から始められて、仕事も順調に入るようになってから改めて法人化された方が多いのです。

まとめ

今回は法人と個人事業主のどちらが良いかを、様々な角度からご紹介してみましたが、法人化によるメリットが多いのは理解できるけど、個人事業主の手軽さも捨てがたいし、なかなか結論がでないこともありますよね。

そんな時は経験者や現役の方に話を聞いてみるのも一番ですが、そんな知り合いがいないのであれば、プロに聞いてみてはいかがでしょうか?

「はこびや本店」のHPでは、先輩ドライバーの体験談や売り上げなども公開しているので、悩んでいる方には参考になると思います。

当社なら、初期費用 全くナシでも始める事が可能です!

大手宅配会社の案件をご紹介します!安定収入が可能な配送業です。軽貨物運送で独立を目指す人へ。当社は、0円開業で応援します。
募集等、お問合せは03-5441-7713 受付時間9:00〜21:00(土/日/祝 休)
 
 
お問い合わせ&ご応募はこちらから

各事項をご入力の上、送信ボタンを押して下さい。「*」マークは入力必須項目です。

お名前*
ふりがな*
メールアドレス*
メールアドレス(確認)*
お問合せ種別
お問合せ内容*
確認画面を表示せずに送信  送信メールの控えを送る

 / 
 
軽貨物運送業の独立開業支援『軽貨物運送業で起業するために必要な手続きと準備するもの』のページです。軽貨物運送・配送ならケーエー企画のはこび屋本店。法人向けの定期便契約から、24時間対応の貸切チャーター単発スポット便大型荷物にも対応。 軽貨物ドライバーの求人軽貨物運送業の独立開業支援も行っています。安定の定期便高額収入のスポット配送 軽貨物ドライバー、未経験者でも開業資金ゼロでもOK。