軽貨物運送業に必要な開業手続きとは?届け出の流れと必要なもの

軽貨物運送・配達・東京のはこび屋本店 > 軽貨物運送業の開業・独立支援 > 軽貨物運送業の教科書 > 軽貨物運送業に必要な開業手続きとは?届け出の流れと必要なもの
配送サービス
軽貨物運送業 教科書
軽貨物ドライバー求人
独立・開業支援
事業概要
お問い合わせ

軽貨物運送業に必要な開業手続きとは?届け出の流れと必要なもの

個人事業主として、実際に個人で軽トラックを利用した軽貨物運送業を始めるためには、陸運局において開業手続きをする必要がありますが、 ほとんどの方が初めての経験で、陸運事務所も、軽自動車検査協会も行くのは初めてのはずです。

そして、もっとも重要な開業手続きを行うのですから心配ですよね。 でも、しっかりと下調べをし、必要書類を揃えてから行けばそう難しいことではなく、意外と簡単に行うことが出来ます。 これまで何万、何十万という先輩ドライバーがおこなっているのですから。

ここでは、基本的な手続きの流れをご紹介してみます。

当社なら、初期費用 全くナシでも始める事が可能です!

大手宅配会社の案件をご紹介します!安定収入が可能な配送業です。軽貨物運送で独立を目指す人へ。当社は、0円開業で応援します。
募集等、お問合せは03-5441-7713 受付時間9:00〜21:00(土/日/祝 休)
 
軽貨物運送業に必要な開業手続き
開業の流れ

開業するためには、まず運輸支局に事業の届け出をして、個人事業主としての許可をもらうことが必要となります。 遠方に住んでいる場合などは、郵送で対応してもらえるところもありますが、その場合は切手を貼り付けた返信用封筒などが必要になります。 しかし、基本的には自ら陸運支局に赴き、申請をすることになります。

届け出が審査され受理されると、事業用自動車等連絡書が発行されます。 事業用自動車等連絡書は営業用として貨物自動車を利用することの証明書類であり、運輸支局によっては事業用自動車等連絡書をWebサイト上からダウンロードし、届け出の際に提出が必要な場合もあります。

手順としては、全国のにある運輸支局で発行された事業用自動車等連絡書を軽自動車検査協会に提出することで、軽自動車検査協会で営業ナンバーが発行されます。 この営業ナンバーは見た目から、通称「黒ナンバー」とも呼ばれます。

開業手続きの際、用意するもの

運輸支局での手続きに必要なものとしては、貨物軽自動車運送事業経営届出書(提出用と控え用の計2部)、運賃料金表(提出用と控え用の計2部)、事業用自動車等連絡書車検証、新車の場合で、車検書がまだ提出できない場合は購入店において完成検査証など、 車台番号が確認できるものなどですが、各地域の運輸支局によって提出する書類や枚数が異なる場合もありますので、直接管轄 の運輸支局に問い合わせるか、インターネットで調べると大幅に時間が節約できて、不備や二度手間にならず、スムーズに手続きが完了するので良いでしょう。

軽貨物運送業の開業手続きに必要な書類の書き方
具体的な記入例

貨物軽自動車運送事業経営届出書の記入見本を、コピーし使用しつつ行えば大丈夫です。

参考リンク『貨物軽自動車運送事業(黒ナンバー)の届出について

貨物軽自動車運送事業経営届出書を書くときのポイント
  • 氏名または事務所の名称、住所などを記入します。
  • 営業所の名称を記入:(名称が決まっていない場合は「地名+営業所」のように記載)、例)東京に営業所がある場合には「東京営業所」など
  • 事業用自動車の種別と車両数を記載:(車検書の内容)
  • 車庫の位置を記載:車庫の位置と収容できる広さ、営業所と駐車場の距離など、(車庫証明を出す時と同様に)営業所と車庫が同じ場所にある場合は「0m」と記載
  • 休憩や仮眠のための施設について記載:位置情報、収容能力など自宅の見取り図などを添付
  • 該当する運送約款にチェックを入れる
  • 運行管理体制で必要事項を記載した書面欄に記入する
  • 営業所名と運行管理責任者の氏名を記入する
  • 宣誓書の内容を確認しチェックを入れる
  • 住所・氏名などを記入して捺印をする
軽貨物運送業を開業するときにかかる費用
開業手続きに伴う費用

開業届そのものの費用は無料ですが、車検証、ナンバープレートの交付などは有料で、車検証を再交付する場合は300円を窓口にて納付することになります。

軽自動車検査協会で営業用ナンバーを取得するのにかかる費用

軽自動車検査協会で営業用ナンバーを取得する際には、書類代が35円、営業用のナンバープレート代が1,440円で、合計してもそれほど大きな金額になりませんが、詳しい費用の金額は軽自動車検査協会に問い合わせると良いでしょう。

車両の取得などにかかる費用の目安

車両1台の取得などにかかる費用の目安ですが、中古の自動車購入費用として、例えば4~5年落ちの車両ならば自動車購入費用 360,000円プラス諸費用、24回払いの場合なら、月額15,000円前後という相場です。 ただし、トラックの場合は幌がないと荷物の運送に差しさわりがあり、荷主が許可しない場合があるので、幌付きの車両でない場合は別に10万円程度が必要となります。

そして、任意保険は年齢や免許証の色などで変わりますが、概ね月額10,000円と設定しておけば大丈夫でしょう。

また、自宅に駐車できない場合は、駐車場代料金も必要ですが、こちらはお住まいの地域や環境により異なるので、自ら調べることになります。

自分には難しいなと思ったらまずは「はこび屋本店」問い合わせ

簡単とはいっても、関係法令など、なかなか理解しにくいという方もいるでしょう。 そんな時は先輩ドライバーに聞くのが一番ですが、開業する前でじゃそんな知り合いもいないのも事実です。

そこで、プロに相談することをおすすめします。

行政書士事務所で行政書士に相談する方法もありますが、非常に高い費用が掛かりますが、「はこび屋本店」では、軽自動車を使った運送事業の始め方から、具体的な仕事案内まで、あらゆる情報をが提供されています。 「自分には難しいな」と思ったらまずは問い合わせしてみたらいかがでしょうか?

  • 「はこび屋本店」問い合わせ先:call@k-sigoto.com
全体のまとめ

意外に面倒だなと思わず、まずは行動することが一番。

一国一城の主として起業するわけですから、そのための許可申請や手続きはどうしても必要です。 しかし、どんなにまごついたとしても、しっかりと準備さえできていれば、一日で終わる作業ですから頑張ってみましょう。

全て終われば晴れて独立開業しての軽貨物運送の開始です。

当社なら、初期費用 全くナシでも始める事が可能です!

大手宅配会社の案件をご紹介します!安定収入が可能な配送業です。軽貨物運送で独立を目指す人へ。当社は、0円開業で応援します。
募集等、お問合せは03-5441-7713 受付時間9:00〜21:00(土/日/祝 休)
 
お問い合わせ&ご応募はこちらから

各事項をご入力の上、送信ボタンを押して下さい。「*」マークは入力必須項目です。

お名前*
フリガナ*
メールアドレス*
お問合せ種別
お問合せ内容*
  
軽貨物運送業の独立開業支援『軽貨物運送業に必要な開業手続きとは?届け出の流れと必要なもの』のページです。軽貨物運送・配送ならケーエー企画のはこび屋本店。法人向けの定期便契約から、24時間対応の貸切チャーター単発スポット便大型荷物にも対応。 軽貨物ドライバーの求人軽貨物運送業の独立開業支援も行っています。安定の定期便高額収入のスポット配送 軽貨物ドライバー、未経験者でも開業資金ゼロでもOK。