物流にかかる費用(物流コスト)とは?内訳と削減のポイント

軽貨物運送・配達・東京のはこび屋本店 > 軽貨物運送業の開業・独立支援 > 軽貨物運送業の教科書 > 物流にかかる費用(物流コスト)とは?内訳と削減のポイント
配送サービス
軽貨物運送業 教科書
軽貨物ドライバー求人
独立・開業支援
事業概要
お問い合わせ

物流にかかる費用(物流コスト)とは?内訳と削減のポイント

物流にかかる費用、いわゆる物流コストは売上を圧迫することから、あらゆる企業にとってもっとも重要な項目です。 輸送コストを最適化し、削減が出来るかどうかで利益が決まるだけでなく、場合によっては今後の自社そのものの存続にも関わってきます

そのコストの内訳も、単に運賃だけのことだけではなく、多岐にわたってくるということも知っておかなくてはなりません。そこで、ここでは物流にかかる費用と内訳、そして削減のポイントをご紹介します。

当社なら、初期費用 全くナシでも始める事が可能です!

大手宅配会社の案件をご紹介します!安定収入が可能な配送業です。軽貨物運送で独立を目指す人へ。当社は、0円開業で応援します。
募集等、お問合せは03-5441-7713 受付時間9:00〜21:00(土/日/祝 休)
 
物流にかかる費用(物流コスト)とは?
物流コストが指す意味

物流コストとは、荷物の輸送にかかる費用だけではなく、物流に関連する作業で発生する全ての費用のことを指します。

この中には、一般的な運送にかかる輸送費だけでなく、梱包や保管費、そして発送や検品などの荷役費なども含まれるのです。

物流コストを把握するメリット

物流コストがどれくらいかかっているのか、物流センターごとの比較や、その料金や保管料を把握することにより、その調査結果をもとにして、売上高との割合や必要な費用を予測できる上に、 削減できる要因や費用がないか検討して改善できれば利益向上につながります

物流コストの主な分類

物流コストは、社内物流コストと支払物流コストの2つに大きく分類されます。社内物流コストは社内で生じる物流コストで、「社内物流費(自家物流費)」とも言われます。 主に人件費などを指すことが多く、それぞれの業務にかかった時間を基に算出する費目が多いコストとなります。

もうひとつの支払物流コストは、物流会社などの外注先などに支払う費用で「支払物流費」ともいわれます。 倉庫の賃料や輸送費などを指し、基本的には請求書の数字を基に算出します。一般に物流コストとして知られるのはこの支払物流コストのことを指します。

社内物流コストと支払物流コストの内訳
社内物流コストの内訳

社内物流コストは、物流人件費物流施設費減価償却費、そして在庫費用に分かれます。それぞれのコストの内容を見てみましょう。

  • 物流人件費
  • 物流人件費には、運転者や事務員などが含まれ、輸送、保管、包装、荷役、物流管理それぞれの工程で発生します。年度により人件費の値上げなどのリスクが多い費用となり、その比率も高まっています。

  • 物流施設費
  • 車両の整備や燃料、維持費、営業倉庫または自家倉庫の維持や管理にかかる費用が大きなものとしてあります。 そして、段ボールなどの包装機器の維持費、荷役や仕分け機器の維持費、事務所自体の維持や管理にかかる費用なども大きく、商品の増加と比例して上昇し、継続してかかるコストとなります。

  • 減価償却費
  • 車両や車庫、倉庫、包装機器、荷役や仕分け機器、事務所などがこれにあたり、規模が大きいほど大きくなります。

  • 在庫費用
  • 営業倉庫または自家倉庫に保管されている製品や仕掛品、原料など、起業活動において当たり前とされるものですが、物流コスト削減の大きなポイントとなる部分でもあります。

参照:公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会 物流コスト調査【物流コストの算定/基準値/物流コスト削減策】『物流コスト調査票(集計フォーマット)』を参照

支払物流コストの内訳

支払物流コストには、トラックの運賃、倉庫会社に支払っている費用、そして輸送包装にかかる材料費があり、最近では物流業界でも各種情報処理費が大きなコストとなりつつ推移しています。

物流コストを削減するには

では、これら多くの物流コストを削減するにはどうしたらいいのでしょうか

削減可能な費用を見極める

まずは、項目ごとに現状の数値を把握し、削減できる費用がないか見直し、検討する事が必要になります。中でも人件費や輸送費、保管費、情報処理費は削減の対象となりやすいでしょう。

また、効率化によって無駄を減らせる部分がないか、自動化によって改善できる業務はないか、そして費用がかかりすぎている項目はないかなどのチェックも必要となるでしょう。

アウトソーシングを検討する

そして、社内物流コストの削減には時間がかかるケースが多いこともあり、解決策としては物流業務の一部をアウトソーシングするのも効率化する手立ての一つとなります。

例として挙げると、配送を専門業者に依頼したり、物流業務を一括でアウトソーシングを導入する方法も検討することで解決できる場合もあります。

はこび屋本店で物流アウトソーシング

そこで「はこび屋本店」を利用して、物流コストの削減を相談してみてはどうでしょうか?

「はこび屋本店」では、配送業者への物流アウトソーシング、配送の業務委託、宅配の代行など、軽貨物の機動性を生かし、2t車などでは難しい建物や地域を中心に稼動します。

また、車両が故障した際の代車など、万一のトラブル時でのバックアップ体制も整えています。

全体のまとめ

コスト削減は起業にとって死活問題ですが、むやみにカットする前に、効率をよくすることを考えるのが大切です。多くの場合、すべてを自前で管理するために、かえって効率が悪くなり、余計なコストがかかることになります。

外注で済むことは自ら抱え込まず外注するアウトソーシングは、もっとも理想的なコスト削減となり、物流コストは特にその効果が高いと言えます。まずは物流においてアウトソーシングできることがないかを考えて見ませんか?

当社なら、初期費用 全くナシでも始める事が可能です!

大手宅配会社の案件をご紹介します!安定収入が可能な配送業です。軽貨物運送で独立を目指す人へ。当社は、0円開業で応援します。
募集等、お問合せは03-5441-7713 受付時間9:00〜21:00(土/日/祝 休)
 
お問い合わせ&ご応募はこちらから

各事項をご入力の上、送信ボタンを押して下さい。「*」マークは入力必須項目です。

お名前*
フリガナ*
メールアドレス*
お問合せ種別
お問合せ内容*
  
軽貨物運送業の独立開業支援『物流にかかる費用(物流コスト)とは?内訳と削減のポイント』のページです。軽貨物運送・配送ならケーエー企画のはこび屋本店。法人向けの定期便契約から、24時間対応の貸切チャーター単発スポット便大型荷物にも対応。 軽貨物ドライバーの求人軽貨物運送業の独立開業支援も行っています。安定の定期便高額収入のスポット配送 軽貨物ドライバー、未経験者でも開業資金ゼロでもOK。